祭屋台のご案内

屋台曳行
天下の奇祭といわれ全国に名を馳せる古川祭は、町内に鎮座する気多
若宮神社の例祭で国指定重要無形文化財にも指定されている400年
以上続く伝統神事である。
祭は神社本殿での神事、および古式ゆかしい「御神輿行列」が中心と
なって、“動”の「起し(おこし)太鼓(だいこ)」と“静”の「屋台行列」が二大
祭事として加わり、3つの行事により4月19日、20日と2日間に渡って
盛大な時代絵巻が繰り広げられる。

祭屋台

神楽台
祭りの朝、気多若宮神社より御分霊をお迎えし、これを屋台の上段
正面に御幣と共に安置します。この屋台だけが屋根がなくて、上部
に金色の大太鼓を吊り、烏帽子、直垂姿の五人が奏する神楽囃子
に合わせて二頭の獅子が舞い、屋台行列の先頭に立ちます。
また外御所車と中車で三輪という珍しい屋台で、金色に輝く鳳凰が
乗った大太鼓を大きく体を反らせて打つ様子は圧巻です。
鳳凰台
文化年間の屋台は明治二四年に廃台となり、大正十一年に改築
完成した大正期を代表する屋台です。名前のとおり屋根の前後
に大鳳凰が金色に輝き目を引きます。
下段には初代村山群鳳の竜と越中井波の大島五雲の竜の白彫
が競作の形となっていて、これらの彫刻を防護する金綱は、一本
ごとに溶接という高度な技術によって作られています。
見送り 長谷川玉純 「鳳凰飛舞の図」  大正十一年
麒麟台
創建は定かではありませんが現屋台は九ヶ年の歳月をかけて
昭和八年(一九三三)に完成しました。
唐子が運ぶ花籠から花が咲くと、獅子頭をかぶって乱舞するから
くり人形があやつられます。中段の側面には、十二支の彫刻がつ
いているので自分の干支を探してみるのも楽しいでしょう。
見送り 前田青邸「風神雷神図」 昭和二七年
替見送り 玉舎春輝「日本武尊東征図」 昭和八年
金亀台
安永五年(一七七六)に建造の記録が残っていて、これが古川の
屋台の中で最も古い建造のようです。
現在の屋台は天保一二年(一八四一)に再建された古川で最古
の屋台です。
金具や彫刻、刺繍などに楽しい亀がたくさん使われていて昔の
人の創造力の豊かさを感じさせます。
見送り 純金の糸を織り込んだ天竺からの船来のゴブラン織
「双龍図」 天保十二年
替見送り 鈴木松年「亀上浦島の図」 明治四十三年
龍笛台
明治十九年(一八八六)竣工の古川で最も大きい屋台です。
大きな昇龍、降龍の彫刻がひときわ目をひきますが、下段に信濃
国諏訪清水寅吉の竜の彫刻があり、屋台建造当時の信州との交
流をうかがわせます。中段側面にはこま回しや凧上げなどの昔の
子供達の遊びが克明に彫られていて、楽しさも合わせ持つ屋台
です。
見送り 垣内雲燐 「雲龍図」明治十九年
三光台
日、月、星の三光に因んで名づけられたこの屋台は、当町の蜂矢
理八の設計のもとに、名工石田春皐により文久二年(一八六二)
に完成したものです。やや小ぶりの形は、こじんまりとした町並み
に見事に調和しており古川の屋台の特色を最も表しているといわ
れています。
越中井波の名工大島五雲の白彫のぼたん獅子と、網代に獅子
紋散らしの浮彫が見事です。
見送り 幸野楳嶺「素戔鳴尊八岐大蛇退治の図」明治二十一年
替見送り 松村梅宰「虎図」文久二年
清曜台
文政初年(一八一六)創建ですが改築を重ね、現在のものは大工
上谷彦次郎により八年間の歳月をかけて昭和十六年に完成しまし
た。中段の蜂矢理八の牡丹と唐草の彫刻は一木彫の見事なもの
で、この屋台の自慢です。清曜とは清く輝くという意味で、華やかな
中にも清楚な感じのする屋台です。
見送り 今尾景祥「海浜老松図」昭和二十一年
白虎台
天保十三年(一八四二)に完成した屋台を昭和五十六年から三
年の月日をかけて大改修したものです。
上段正面には源義経の武者人形を飾り、中段の舞台では子供
歌舞伎「橋弁慶」が華やかに可愛らしく奉納されます。
また彫刻や金具による装飾が少ないことや、下段が立ち姿で出
入りできるほど高いことなど、唯一古い形態を残していて、たい
へん貴重な屋台となっています。
青龍台
金森氏の家紋の梅鉢を台紋とするこの屋台は、黒塗りに金箔模様
の優雅で美しい外御所車が特徴です。
また樹齢千年のけやき材の牡丹獅子も見事です。謡曲「鶴亀」に
合わせてあやつられるからくり人形は大津絵「外方の梯子剃り」を
題材としたもので、福禄寿の肩にかけた梯子を唐子が登り、亀が
鶴に変わる巧妙な糸からくりです。
見送り 堂本印象「昇天龍」 昭和十五年
三番叟
明治三十七年の古川大火により廃台となり、女三番叟のからくり
人形と猩々緋大幕のみが残っています。このからくり人形をモデ
ルにした「平成のからくり人形」(八代目玉屋庄兵衛作 は飛騨
古川まつり会館でコンピューターにより毎日実演しています。
Top Page